土木

埋戻と盛土の違い(土木)

投稿日:2021年3月26日 更新日:

埋戻と盛土

埋戻(うめもどし)と盛土(もりど)の違いを簡単に解説しています。

土木初心者にとってはどちらもよく似た作業なので、違いがわからないと思います。

2つの工種の違いをざっくりと図を使って解説していますので、ご覧ください。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

埋戻と盛土の違い

埋戻と盛土の違いは、文字どおり土を「埋める」のか「盛る」かの違いです。

それぞれの語句を教科書的に言うと以下のようになります。

  • 埋戻:構造物の築造又は撤去後、現地盤線又は計画埋戻線まで埋め戻す箇所
  • 盛土:現地盤線又は計画埋戻線より上に土砂を盛り立てる箇所

わかりにくいですよね。ざっくり言い換えます。

まず埋戻ですが、地盤に埋まっている構造物(たとえば古い側溝など)を撤去すると、構造物の分だけ地盤下に空間が生じますよね。そこへ土を投入するのが埋戻です。

このほかにも、構造物(たとえば擁壁など)を設置するために床掘した後に、埋戻が必要となります。

盛土は、現地盤線や計画埋戻線よりも上に土を盛ります。河川堤防のように土を盛ることです。

・あわせて読みたい
>>>「 掘削と床掘の違い 
>>>「 効率の良い土木の勉強方法 

-土木

執筆者:

関連記事

法長換算表

ブロック積の法長(斜変)換算表

ブロック積の高さと勾配から法長を求めるための換算表を掲載しています。

市場単価と標準単価の違い【土木・積算】

公共工事の積算にてよく使用される「市場単価」と「標準単価」の違いをざっくりと解説しています。

分数

分数、角度、パーセント換算表

分数で表された勾配がどのくらいの角度なのか換算した一覧表を掲載しています。

角度 勾配、

角度、勾配、パーセント、割合の変換一覧表

角度、勾配、パーセント、割合の変換一覧表を掲載しています。

基面整正と不陸整正

基面整正と不陸整正の違い

基面整正と不陸整正の違いを簡単に解説しています。