土木

岸壁と物揚場の違い

投稿日:2019年7月25日 更新日:

岸壁や物揚場に停泊している船

船を係船させるための「岸壁」や「物揚場」と呼んでいるこれらの施設ですが、違いを説明できますでしょうか。

「誰かに今さら聞くのも恥ずかしい」との思いからこの記事にたどり着いた人も多いのではないでしょうか。

この記事を読めば「岸壁」と「物揚場」の違いをすぐに理解できます。
どうぞご覧ください。

岸壁と物揚場の違い

岸壁と物揚場の違いは、それぞれの施設の前面の「水深」です。

岸壁と物揚場は、実は同じ係留施設でその構造も一緒です。

なぜ呼び方が違うのかと言うと、前面の水深により使い分けています。

  • 水深が浅いのが「物揚場」
  • 水深が深いのが「岸壁」

水深が何m以下が物揚場で何m以上が岸壁と呼ぶのかは、港湾施設か漁港施設かで違っています。

まずは港湾施設のときの呼び名の違いを解説します。

港湾の場合

  • 水深が4.5m以上の場合は「岸壁」
  • 水深が4.5m未満の場合は「物揚場」

施設の呼び名は

  • -4.5m岸壁
  • -3.5m物揚場

などと表記されます。

続いては漁港施設のときの呼び名の違いを解説します。

漁港の場合

  • 水深が3.0m以上の場合は「岸壁」
  • 水深が3.0m未満の場合は「物揚場」

施設の呼び名は

  • -3.0m岸壁
  • -2.0m物揚場

などと表記されます。

・あわせて読みたい
>>>「公有水面埋立法を勝手にひらがな・現代語化

まとめ

岸壁と物揚場は基本的には同じものですが、水深によって呼び方が違います。

  • 港湾においては水深4.5mが基準
  • 岸壁は水深4.5m以上、物揚場は水深4.5m以下
  • 漁港においては水深3.0mが基準
  • 岸壁は水深3.0m以上、物揚場は水深3.0m以下

岸壁は水深が深く、物揚場は水深が浅いということになりますね。

港湾は漁港に比べると割りと大きな船舶が停泊する機会が多いため、岸壁と物揚場を使い分けるための水深も異なっているのだろうと思われます。

岸壁と物揚場の違いをご理解いただけたでしょうか。これで恥ずかしい思いをしなくてすむかもしれませんね。

以下の記事も、違いがわかりにくい施設についてご紹介しています。あわせてご覧ください。

・あわせて読みたい
>>>「港湾と漁港の違い
>>>「堤防と護岸の違い

-土木

執筆者:

関連記事

ペーパーロケーション

ペーパーロケーション(ペーロケ)の意味や目的をざっくりと解説(土木)

ペーパーロケーション(ペーロケ)の意味や目的をざっくりと解説しています。

工事図面に出てくる記号「u」と「s」を解説

工事図面によく記載される「u」と「s」の意味を解説しています。

車両用防護柵の意味や種類について解説(Gr、Gp、Gc、Gb)

ガードレールやガードパイプなどの車両用防護柵について、その意味や種類、使い分けを解説しています。

コンクリートの配合・規格「18-8-25BB」や「21-12-40H」などの読み方をざっくり解説

コンクリートの配合を表す「18-8-25BB」や「21-12-40H」などの読み方をざっくり解説しています。

直轄事業と補助事業

直轄事業と補助事業の違い

直轄事業と補助事業の違いを簡単に解説しています。