土木

ブリーディングとレイタンスの違いをざっくり解説

投稿日:

コンクリート,ブリーディング,レイタンス

主にコンクリート工にて使われる「ブリーディング」と「レイタンス」の2つの用語。

どちらもよく似た意味合いで使われる単語なので、その違いがわかりにくいですよね。

この記事では、「ブリーディング」と「レイタンス」の違いを、初心者向けにざっくりと解説しています。

どうぞご覧ください。

ブリーディングとレイタンスの違い

ブリーディングとレイタンスの違いをざっくり言うと以下のとおりです。

  • ブリーディングは、コンクリート打設後にコンクリート表面に水が浮き上がる「現象」のこと
  • レイタンスはブリーディングに伴ってできた「弱い層」のこと

ブリーディングは、水がコンクリート表面に上昇する「現象」を表す言葉です。そのブリーディングに伴ってできた「弱い層」をレイタンスと言います。

ブリーディングもレイタンスもほぼ同じ時に発生するものですので、混同しないように注意しましょう。

ブリーディングとは

ブリーディングは、コンクリートに含まれる質量の大きい骨材が沈降し、水などの質量が軽いものが浮き上がることを言います。

ブリーディングにより浮上する水をブリーディング水と言います。

レイタンスとは

レイタンスは、セメントや砂の微粒子や泥などの混合物です。

ブリーディングの結果浮き出てきたものが、やがてレイタンスとなります。

強度の無い弱い層のため、コンクリートの打継目を施工する場合には、必ずレイタンスを取り除かなければなりません。

レイタンスを除去せずに打ち継ぐと、コンクリート同士の付着が阻害されます。

ちなみにレイタンスを除去することをグリーンカット(GC)と言います。

まとめ

  • ブリーディングは、コンクリート打設後にコンクリート表面に水が浮き上がる「現象」のこと
  • レイタンスはブリーディングに伴ってできた「弱い層」のこと

レイタンスを除去せずに打ち継ぐと、コンクリート同士の付着が阻害されるため、グリーンカットを必ず行うこと。

・あわせて読みたい
>>>「土木の基礎知識~初心者が覚えておきたい用語まとめ~
>>>「効率の良い土木の勉強方法

-土木

執筆者:

関連記事

視線誘導標(デリネーター),車線分離標(ラバーコーン),道路鋲(キャッツアイ)などの「道路付属物」の種類と用途をざっくりと解説

街中でよく見かける視線誘導標や車線分離標などの「道路付属物」は、大きく分けると5種類あります。よく似た製品と思われるかもしれませんが、目的や用途が全く違います。この記事ではそれぞれの種類や用途などをざっくりと解説しています。

堤防

堤防と護岸の違い

堤防と護岸の違いを説明できますでしょうか。似ているようで実は違う二つの施設について、その違いや特徴をご紹介しています。

防護柵のP種とSP種の違い(ざっくり解説)

防護柵には「P種」と「SP種」の2種類あります。その違いや使い分けをざっくりと解説しています。

平板載荷試験とCBR試験の違いをざっくりと解説(どちらも原位置試験だけど全然違います)

平板載荷試験とCBR試験の違いをざっくりと解説しています。

m3 m2の呼び方

「m3」「m2」の呼び方(いくつかあります)

「m3」「m2」の呼び方はいくつかあります。どの様に呼ぶのかを、呼び方の例付きでご紹介しています。