生活

静電気対策!車を降りる時にバチッとしない方法【グッズ不要】

投稿日:2019年5月6日 更新日:

静電気が発生している様子

車を降りる度に静電気がバチバチするあなたに朗報です。この方法を使えばもう静電気に悩まされることはありません。しかもお金もグッズもいりません。

車を降りるたびにドキドキするあの嫌な緊張感とも、これでさようなら!

車を降りる時にコレをするだけ

結論から言いますと、ドアの金属部分をつかんだまま降りたら静電気が起こりません。たったこれだけです。本当にこれだけ。

詳細を順番に説明します。

①ドアを開けて金属部分を持つ

まずは、車を降りるときにドアを少し開けて、金属部分をつかみましょう。

指先だけじゃなく、手全体でしっかりつかむ方が効果的です。

金属部分をつかむ前に足を地面に付けると、効果が無くなるのでご注意を。

②金属部分をつかんだまま外に出る

次は、金属部分をつかんだまま降りましょう。

つかみながら両足を地面に付けて、座席から体が完全に離れ、車外に出られたら金属部分から手を離して大丈夫です。

はい、これで終わりです。

あとは普通にドアを閉めるだけです。

なぜこの方法ならバチッとこない?

車に乗っていると、少し体勢を変えたり、座り直したりすることがあると思います。

実はその時に、座席のシートと服がこすれることで、静電気が発生するようです。

車を降りるときに、金属部分をつかみながら両足を地面に付けることで、発生した静電気が車から体を通じて地面へ逃げていきます。

今までの降り方だと静電気が逃げずに、車と体に静電気がいる状態で降りていることになります。

そしてドアを閉めるときに、車と体の静電気が反応してバチッとなっていた訳です。

まとめ

金属部分を持ちながら降りる。たったこれだけ。これで車を降りる時にもう静電気におびえることはありません。

ちなみに、私はこの方法で1回もバチッときたことはありません。今のところ100%の効果です。グッズを買う必要が無く、1円もかからないところも嬉しいですね。

ぜひお試しください!

-生活

執筆者:

関連記事

あおり運転

【あおり運転対策】あおり運転をされないようにするために気を付けたいこと

近年話題になってきているあおり運転。できることならあおられずに運転したいですよね。あおり運転をされないようにするための方法や抑止対策をご紹介します。

タブー 禁止

宗教・政治・野球の話はタブー(社会人なら知っておこう)

社会人なら「宗教」「政治」「野球」の話はタブーです。あなたのちょっとした一言で相手を怒らせてしまうかもしれませんよ。なぜタブーなのかと解決策をご紹介。

ブログ初心者

ブログ3ヶ月目のPV数や収益などを公開【初心者ブロガーのリアル】

弱小ブロガーの3ヶ月目のPV数などを公開します。ブログ初心者が1からブログを始めた場合のリアルをご紹介しています。ぜひご覧いただきあなたの自信につながれば幸いです。

猫舌を直す

猫舌の原因と治す方法

猫舌を簡単に直すたった1つの方法をご紹介します。私もこの方法で猫舌を直すことができました。すぐに試せるのでぜひご覧ください。

豆知識 雑学 まとめ

役に立つ豆知識や雑学まとめ

私が個人的に「役に立った」「これは使える」と思った豆知識や雑学などをご紹介します。きっとあなたにも役立つでしょう。