はやこまブログ

(当サイトはプロモーションを含みます)

生活

静電気対策!車を降りる時にバチッとしない方法【グッズ不要】

投稿日:2019年5月6日 更新日:

静電気が発生している様子

車を降りる度に静電気がバチバチするあなたに朗報です。この方法を使えばもう静電気に悩まされることはありません。しかもお金もグッズもいりません。

車を降りるたびにドキドキするあの嫌な緊張感とも、これでさようなら!

車を降りる時にコレをするだけ

結論から言いますと、ドアの金属部分をつかんだまま降りたら静電気が起こりません。たったこれだけです。本当にこれだけ。

詳細を順番に説明します。

①ドアを開けて金属部分を持つ

まずは、車を降りるときにドアを少し開けて、金属部分をつかみましょう。

指先だけじゃなく、手全体でしっかりつかむ方が効果的です。

金属部分をつかむ前に足を地面に付けると、効果が無くなるのでご注意を。

②金属部分をつかんだまま外に出る

次は、金属部分をつかんだまま降りましょう。

つかみながら両足を地面に付けて、座席から体が完全に離れ、車外に出られたら金属部分から手を離して大丈夫です。

はい、これで終わりです。

あとは普通にドアを閉めるだけです。

なぜこの方法ならバチッとこない?

車に乗っていると、少し体勢を変えたり、座り直したりすることがあると思います。

実はその時に、座席のシートと服がこすれることで、静電気が発生するようです。

車を降りるときに、金属部分をつかみながら両足を地面に付けることで、発生した静電気が車から体を通じて地面へ逃げていきます。

今までの降り方だと静電気が逃げずに、車と体に静電気がいる状態で降りていることになります。

そしてドアを閉めるときに、車と体の静電気が反応してバチッとなっていた訳です。

まとめ

金属部分を持ちながら降りる。たったこれだけ。これで車を降りる時にもう静電気におびえることはありません。

ちなみに、私はこの方法で1回もバチッときたことはありません。今のところ100%の効果です。グッズを買う必要が無く、1円もかからないところも嬉しいですね。

ぜひお試しください!

-生活

執筆者:

関連記事

猫舌を直す

猫舌の原因と治す方法

猫舌を簡単に直すたった1つの方法をご紹介します。私もこの方法で猫舌を直すことができました。すぐに試せるのでぜひご覧ください。

【感想・書評】いますぐ妻を社長にしなさい【ざっくりレビュー】

妻をプライベートカンパニーの社長にすることで、サラリーマンでも経済的に余裕が生まれる術が書かれています。副業をしている人、副業に興味がある人におすすめ。

緊張で心臓がドキドキしている様子

スピーチで緊張しないコツ4選

人前で話すことに緊張する人は、緊張してしまう理由があります。
その理由とあがらずに話せる方法をご紹介します。
難しいテクニックは一切無し。人前で話すのが楽しくなるかも!

m3 m2の呼び方

「m3」「m2」の呼び方(いくつかあります)

「m3」「m2」の呼び方はいくつかあります。どの様に呼ぶのかを、呼び方の例付きでご紹介しています。

コピー拡大縮小倍率

コピー拡大縮小 倍率一覧表(A判、B判)

拡大コピーや縮小コピーをするときに役立つ、倍率の一覧表を作成しました。A判はもちろん、B判にも対応していますので、ぜひご覧ください。