土木

オーバーハング(土木)の意味を解説

投稿日:2019年12月12日 更新日:

オーバーハング

土木用語として用いられるオーバーハングの意味を解説します。

オーバーハングはよく岩山や崖で見られる光景です。ぜひその意味を覚えておきましょう。

この記事では図を使いながら説明していますので、きっとすぐに理解していただけるでしょう。

オーバーハングの意味

オーバーハングとは、地盤が「えぐれている」状態のことを言います。

まずは以下の図をご覧ください。

どこにでもよくある地山の図です。

上の図を基にオーバーハングを表現すると、以下の図のようになります。

最初の図の地盤線である破線に対して、えぐれた状態になっていることがわかりますでしょうか。

このような状態をオーバーハングと呼びます。

えぐれて宙に浮いている箇所を「オーバーハング」と呼んだり、えぐれている箇所を示す言葉として「オーバーハングしている」と呼んだりします。

オーバーハングになる理由

オーバーハングになる理由は、大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • 波などによる浸食
  • 雨や地震などによる崩落

オーバーハングしている状態はとても危険ですので、近づいたり登ったりするのは控えましょう。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法 

以下のページでは、このような分かりにくい土木用語などをご紹介していますのであわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

直轄事業と補助事業

直轄事業と補助事業の違い

直轄事業と補助事業の違いを簡単に解説しています。

土量計算

土量計算(土量変化率)を解説【間違えやすい例題付き】

土量計算(土量変化率)について解説しています。試験によく出る間違えやすい問題もあわせて解説しています。

縦断図と横断図の違いや見方をざっくりと解説(土木)

土木初心者にとって、縦断図と横断図に何が描かれているのかわからないと思います。この図では、縦断図と横断図の違いをざっくりと解説しています。図も用いているためわかりやすいかと思います。

アルカリ骨材反応をざっくりと解説(アルカリシリカ反応との違いは?)

コンクリートの品質低下につながる「アルカリ骨材反応」について、ざっくりと解説しています。「アルカリシリカ反応」との違いも解説しています。

無筋構造物と小型構造物の違い(コンクリート)

コンクリートの使い分けとして無筋構造物と小型構造物があります。その使い分けをざっくりと解説しています。