土木

オーバーハング(土木)の意味を解説

投稿日:2019年12月12日 更新日:

オーバーハング

土木用語として用いられるオーバーハングの意味を解説します。

オーバーハングはよく岩山や崖で見られる光景です。ぜひその意味を覚えておきましょう。

この記事では図を使いながら説明していますので、きっとすぐに理解していただけるでしょう。

オーバーハングの意味

オーバーハングとは、地盤が「えぐれている」状態のことを言います。

まずは以下の図をご覧ください。

どこにでもよくある地山の図です。

上の図を基にオーバーハングを表現すると、以下の図のようになります。

最初の図の地盤線である破線に対して、えぐれた状態になっていることがわかりますでしょうか。

このような状態をオーバーハングと呼びます。

えぐれて宙に浮いている箇所を「オーバーハング」と呼んだり、えぐれている箇所を示す言葉として「オーバーハングしている」と呼んだりします。

オーバーハングになる理由

オーバーハングになる理由は、大きく分けて以下の2つが考えられます。

  • 波などによる浸食
  • 雨や地震などによる崩落

オーバーハングしている状態はとても危険ですので、近づいたり登ったりするのは控えましょう。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法 

以下のページでは、このような分かりにくい土木用語などをご紹介していますのであわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

プライムコート タックコート

プライムコートとタックコートの違い

プライムコートとタックコートの違いを説明できますでしょうか。名前はよく似ているけど、使用用途などが全く違います。その違いや特徴をご紹介しています。

長さの単位「m」「cm」は「メートル」「センチメートル」とは言わない?土木業界での特殊な言い方を解説

土木業界では「m」「cm」のことを「メートル」「センチメートル」とは言いません。土木業界で言われる特殊な言い方を解説。

土木の勉強

効率の良い土木の勉強方法

効率よくできる土木の勉強方法をご紹介しています。

平板載荷試験には2種類あるのをご存じですか?その違いや使い分けをざっくり解説(土木)

平板載荷試験には「地盤の平板載荷試験」と「道路の平板載荷試験」の2種類あります。それぞれの試験についてざっくりと解説しています。

図面の縮尺「NTS」について解説

図面の縮尺に「NTS」と表記してあることがあります。この「NTS」の意味や使い方について解説しています。