土木

汚濁防止膜の種類と違い

投稿日:2019年7月25日 更新日:

濁った水

一般的に汚濁防止膜と呼ばれる汚濁水などの流出を防ぐフェンスには、大きく分けると以下の3種類になります。

  • シルトフェンス
  • オイルフェンス
  • ネットフェンス

名前は似ていますが、使用用途が大きく違います。水面に設置されている姿もとても似ているので、違いがいまいちわかりにくいですよね。

それぞれの使用用途を正しく理解し、適切に設置することが大事です。
現場では通称名として使われる場合がありますので、本来の意味とは違う使い方をしている場合があります。

この記事では土木初心者向けに違いを簡単に説明します。
汚濁防止膜の種類や違いを覚えておきましょう。

シルトフェンス、オイルフェンス、ネットフェンスの違い

シルトフェンス

シルトフェンスは濁水が拡散されないように設置するものです。
海岸工事や港湾工事などの際に発生する濁水が拡散されないように設置することが多いです。

フロートと呼ばれる細長い浮き輪のようなものを水面に浮かばせて設置します。
そのフロートの下にはカーテンと呼ばれる幕を取り付け、重りを設置し沈めます。
このカーテンにより濁水の拡散を防ぐことができます。

オイルフェンス

オイルフェンスは油の拡散を防いだり、油を回収するために設置されるものです。
細長い浮き輪のようなものを水面に浮かばせて設置します。

油は水面に浮くので、水面上だけの対応で防ぐことができます。
そのためシルトフェンスのようにカーテンは設置しないのが特徴。

ネットフェンス

ネットフェンスは流木や枝葉、ゴミなどの流出を防ぎます。
シルトフェンスのようにカーテンが付いていますが、網目状になっており、水は通過するけど枝葉などは止められるといった物です。

まとめ

  • シルトフェンスは濁水の拡散防止
  • オイルフェンスは油の拡散防止
  • ネットフェンスは枝葉などの拡散防止

汚濁防止膜の種類や違いが分かりましたでしょうか。現場にあった汚濁防止膜の設置を行いましょう。

以下のページでは、ほかにもこのような分かりにくい土木用語などをご紹介していますのであわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

道路と河川の横断図の違い(記載方向や起終点が異なります)

道路と河川の横断図の違いを解説しています。ざっくり言うと図面の記載方向や起終点が違います。ぜひご覧ください。

土量計算

土量計算(土量変化率)を解説【間違えやすい例題付き】

土量計算(土量変化率)について解説しています。試験によく出る間違えやすい問題もあわせて解説しています。

U型側溝と自由勾配側溝の違い

U型側溝(U字溝)と自由勾配側溝(VS側溝)の違いをざっくり解説(簡単な見分け方もご紹介)

土木初心者が頭を抱える「U型側溝と自由勾配側溝」の違いをざっくりと解説。2つの側溝の簡単な見分け方もご紹介してます。

法長換算表

ブロック積の法長(斜変)換算表

ブロック積の高さと勾配から法長を求めるための換算表を掲載しています。

市場単価と標準単価の違い【土木・積算】

公共工事の積算にてよく使用される「市場単価」と「標準単価」の違いをざっくりと解説しています。