土木

フラット、セミフラット、マウントアップの違い【歩道の構造】

投稿日:

歩道の構造「フラット」「セミフラット」「マウントアップ」の3つの違いをざっくりと解説しています。

フラット、セミフラット、マウントアップの違い

フラット、セミフラット、マウントアップの違いは以下のとおり。

  • フラット・・・歩道面と車道面の高さが同じ
  • セミフラット・・・歩道面が車道面より高いが縁石より低い
  • マウントアップ・・・歩道面が車道面より高く縁石と同じ高さ

以下の画像を見るとよくわかるかと思います。

歩道の構造形式(フラット、セミフラット、マウントアップ)の違いは「道路構造令」や「道路の移動等円滑化整備ガイドライン」などにて定められています。

フラット

フラット構造は、車道面と歩道面の高さが縁石を挟んで同じになる構造のことをいいます。

縁石の車道側については、縁石の高さが15㎝以上となるように設置する必要があります。

続いてはセミフラットについて解説します。

・あわせて読みたい
>>>「効率の良い土木の勉強方法

セミフラット

セミフラット構造は、縁石を挟んで歩道面が車道面より5㎝高くなる構造を言います。

縁石の車道側については、先ほどのフラット構造と同じように、縁石の高さが15㎝以上となるように設置する必要があります。

道路の移動等円滑化整備ガイドラインでは、このセミフラットを推奨しています。

近年で歩道を整備する際は、このセミフラット構造が主流となってきています。

最後にマウントアップについて解説します。

マウントアップ

マウントアップ構造は、歩道面を縁石と同じ高さに配置し、車道面より高くなる構造です。

マウンアップではありません。マウンアップです。

マウントアップの英語はmount upで、mountには上がる・登るといった意味があります。

縁石の車道側については、先ほどのフラット構造やセミフラット構造と同じように、縁石の高さが15㎝以上となるように設置する必要があります。

一昔前はこのマウントアップ構造が主流でした。

しかし乗り入れ部や取り付け部では歩道の縦断勾配を変えなければいけないため、歩行に支障をきたすといった問題が発生したことから、現在ではあまり採用されません。

まとめ

  • フラット・・・歩道面と車道面の高さが同じ
  • セミフラット・・・歩道面が車道面より高いが縁石より低い
  • マウントアップ・・・歩道面が車道面より高く縁石と同じ高さ

現在の主流はセミフラット構造である。

・あわせて読みたい
>>>「土木の基礎知識~初心者が覚えておきたい用語まとめ~
>>>「効率の良い土木の勉強方法

-土木

執筆者:

関連記事

鉄筋の配筋図の「@」「ctc」の意味を解説

鉄筋の配筋図で図示される「@」「ctc」の意味を解説しています。

視線誘導標(デリネーター),車線分離標(ラバーコーン),道路鋲(キャッツアイ)などの「道路付属物」の種類と用途をざっくりと解説

街中でよく見かける視線誘導標や車線分離標などの「道路付属物」は、大きく分けると5種類あります。よく似た製品と思われるかもしれませんが、目的や用途が全く違います。この記事ではそれぞれの種類や用途などをざっくりと解説しています。

法面記号

法面記号の違いを解説

法面や斜面を表す2つの記号の違いや使い方を解説しています。

積算で購入土を計上する際の土量計算【土木】

積算で購入土を計上する際の土量計算をざっくりと解説します。少し複雑と思う計算になりますが、理屈が分かればすぐに理解できます。ご覧ください。

工事図面に出てくる記号「u」と「s」を解説

工事図面によく記載される「u」と「s」の意味を解説しています。