土木

無筋構造物と小型構造物の違い(コンクリート)

投稿日:2021年3月30日 更新日:

公共工事の積算や数量算出でよく出てくるコンクリートの「無筋構造物」と「小型構造物」の違いをざっくりと解説しています。

どちらもよく似た名称ですが、はっきりとした使い分けがされています。どうぞご覧ください。

無筋構造物と小型構造物の違い

コンクリートの「無筋構造物」と「小型構造物」の違いは明確に定められています。

まずは国土交通省や都道府県・市町村などの自治体にて使用されている「積算基準」に明記されている違いは以下のとおりです。

無筋構造物:マッシブな構造物、比較的単純な鉄筋を有する構造物、均しコンクリート等
小型構造物:コンクリート断面積が1m2以下の連続している側溝、笠コンクリート等、コンクリート量が1m3以下の点在する集水桝、照明基礎、標識基礎等

この文章だけで理解できたら、この先は読まなくてもOKです。

正直、上記の説明ではなかなかイメージでませんよね。それぞれをざっくりと言い換えてみます。

無筋構造物

重力式擁壁・もたれ式擁壁・重力式橋台・方塊ブロックなどの大きくて重量のある構造物(鉄筋無し)、ひび割れ防止の鉄筋や用心鉄筋レベルの鉄筋がある構造物(補強目的の鉄筋ではない)、均しコンクリート・ベースコンクリート・捨てコンクリートなど

小型構造物

小さな構造物・点在した構造物で細々とした型枠が必要な構造物(無筋・有筋を問わない)

もし現場打集水桝を設置する場合であれば、集水桝自体は小型構造物、その基礎コンクリートは無筋構造物となります。

イメージが付きましたでしょうか。おおよその使い分けは上記のとおりでOKですが、各自治体や処分場などで若干の取り扱いが異なります。

正式な使い分けについては、関係機関にて確認いただきますようお願いします。

・あわせて読みたい
>>>「セメントミルクとセメントペーストの違い
>>>「土木の基礎知識~初心者が覚えておきたい用語まとめ~
>>>「効率の良い土木の勉強方法

-土木

執筆者:

関連記事

ボーリング

ノンコアボーリングとオールコアボーリングの違い

地質調査にて行われる2種類のボーリングの違いを簡単にご紹介しています。

土量計算

土量計算(土量変化率)を解説【間違えやすい例題付き】

土量計算(土量変化率)について解説しています。試験によく出る間違えやすい問題もあわせて解説しています。

船がたくさん停泊している港

港湾と漁港の違い

港湾と漁港。どちらも船を停泊したりする場所ですが、大きな違いがあります。この記事では、港湾と漁港の違いを簡単にご説明します。

サウンディング サンプリング

サンプリングとサウンディングの違い

土質調査の際に行う「サウンディング」と「サンプリング」の違いや、「現位置試験」と「土質試験」の違いをご紹介します。

アスコンの意味を解説【土木】(アスファルトとコンクリートとの違いも解説しています)

土木で使われる「アスコン」の意味や、アスファルトとコンクリートとの違いをざっくりと解説しています。