土木

アスコンの意味を解説【土木】(アスファルトとコンクリートとの違いも解説しています)

投稿日:2021年3月22日 更新日:

「よくアスコンって聞くけど、アスファルトとは違うの?」

この記事を読めばアスコンの意味がわかります。ご覧ください。

アスコンとは

アスコンとは「アスファルトコンクリート」のことです。

そもそも、みなさんがよく言っている「アスファルト」というのは、「アスファルトコンクリート」のことです。この「アスファルトコンクリート」を省略したのが「アスコン」です。

こうなると、「じゃあコンクリートと呼んでいる”あれ”は何?」と思われた人もいるでしょう。

一般的によく「コンクリート」と呼ばれているものは、「セメントコンクリート」のことです。

「アスファルトコンクリート」「セメントコンクリート」以外には「レジンコンクリート」というものもあります。

ちなみに「コンクリート」の漢字は「混凝土」です。

まとめ

「アスコン」は「アスファルトコンクリート」の略であり、普段から「アスファルト」と呼んでいるものと同じ意味である。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

以下のページでは土木用語などをまとめてご紹介しています。あわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

鉄筋の配筋図の「@」「ctc」の意味を解説

鉄筋の配筋図で図示される「@」「ctc」の意味を解説しています。

堤防

堤防と護岸の違い

堤防と護岸の違いを説明できますでしょうか。似ているようで実は違う二つの施設について、その違いや特徴をご紹介しています。

フレッシュコンクリートを運ぶアジテータートラック

フレッシュコンクリートの性質・用語

フレッシュコンクリートの5つの性質(コンシステンシー、ワーカビリティー、プラシチシティー、フィニッシャビリティー、ポンパビリティー)の違いを、土木初心者向けに説明します。

基面整正と不陸整正

基面整正と不陸整正の違い

基面整正と不陸整正の違いを簡単に解説しています。

コンクリート

コンクリートの凝結と硬化の違いをざっくりと解説

コンクリート(セメント)における「凝結」と「硬化」の違いについて、ざっくりと解説しています。