土木

アスコンの意味を解説【土木】(アスファルトとコンクリートとの違いも解説しています)

投稿日:2021年3月22日 更新日:

「よくアスコンって聞くけど、アスファルトとは違うの?」

この記事を読めばアスコンの意味がわかります。ご覧ください。

アスコンとは

アスコンとは「アスファルトコンクリート」のことです。

そもそも、みなさんがよく言っている「アスファルト」というのは、「アスファルトコンクリート」のことです。この「アスファルトコンクリート」を省略したのが「アスコン」です。

こうなると、「じゃあコンクリートと呼んでいる”あれ”は何?」と思われた人もいるでしょう。

一般的によく「コンクリート」と呼ばれているものは、「セメントコンクリート」のことです。

「アスファルトコンクリート」「セメントコンクリート」以外には「レジンコンクリート」というものもあります。

ちなみに「コンクリート」の漢字は「混凝土」です。

まとめ

「アスコン」は「アスファルトコンクリート」の略であり、普段から「アスファルト」と呼んでいるものと同じ意味である。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

以下のページでは土木用語などをまとめてご紹介しています。あわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

岸壁や物揚場に停泊している船

岸壁と物揚場の違い

岸壁と物揚場の違いをご存じでしょうか。実は2つとも同じ船を係船させる施設の呼び名ですが、たった1つの違いにより呼び方を変えております。記事では岸壁と物揚場の違いをご説明します。

堤防

堤防と護岸の違い

堤防と護岸の違いを説明できますでしょうか。似ているようで実は違う二つの施設について、その違いや特徴をご紹介しています。

セメント、モルタル、コンクリート

セメント、モルタル、コンクリートの違い

セメントやモルタル、コンクリートの違いをご紹介します。似ているようで全く異なる性質を持っているので、使い方を間違えると強度が不足したりします。違いを覚えておきましょう。

視線誘導標(デリネーター),車線分離標(ラバーコーン),道路鋲(キャッツアイ)などの「道路付属物」の種類と用途をざっくりと解説

街中でよく見かける視線誘導標や車線分離標などの「道路付属物」は、大きく分けると5種類あります。よく似た製品と思われるかもしれませんが、目的や用途が全く違います。この記事ではそれぞれの種類や用途などをざっくりと解説しています。

防護柵のP種とSP種の違い(ざっくり解説)

防護柵には「P種」と「SP種」の2種類あります。その違いや使い分けをざっくりと解説しています。