土木

アスコンの意味を解説【土木】(アスファルトとコンクリートとの違いも解説しています)

投稿日:2021年3月22日 更新日:

「よくアスコンって聞くけど、アスファルトとは違うの?」

この記事を読めばアスコンの意味がわかります。ご覧ください。

アスコンとは

アスコンとは「アスファルトコンクリート」のことです。

そもそも、みなさんがよく言っている「アスファルト」というのは、「アスファルトコンクリート」のことです。この「アスファルトコンクリート」を省略したのが「アスコン」です。

こうなると、「じゃあコンクリートと呼んでいる”あれ”は何?」と思われた人もいるでしょう。

一般的によく「コンクリート」と呼ばれているものは、「セメントコンクリート」のことです。

「アスファルトコンクリート」「セメントコンクリート」以外には「レジンコンクリート」というものもあります。

ちなみに「コンクリート」の漢字は「混凝土」です。

まとめ

「アスコン」は「アスファルトコンクリート」の略であり、普段から「アスファルト」と呼んでいるものと同じ意味である。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

以下のページでは土木用語などをまとめてご紹介しています。あわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

土木の基礎知識~初心者が覚えておきたい用語まとめ~

土木初心者が間違えやすい用語をや教科書やテキストには載っていない用語などをまとめています。うっかり間違えてしまうと全く違う意味になってしまうものもあるので、間違えないように覚えておきましょう。

フラット、セミフラット、マウントアップの違い【歩道の構造】

歩道の構造3種類「フラット」「セミフラット」「マウントアップ」についてざっくりと解説しています。

m3 m2の呼び方

「m3」「m2」の呼び方(いくつかあります)

「m3」「m2」の呼び方はいくつかあります。どの様に呼ぶのかを、呼び方の例付きでご紹介しています。

セメントミルクとセメントペーストの違い

セメントミルクとセメントペーストの違いをざっくりと解説しています。ご覧ください。

無筋構造物と小型構造物の違い(コンクリート)

コンクリートの使い分けとして無筋構造物と小型構造物があります。その使い分けをざっくりと解説しています。