土木

コーピングや笠コンクリートをざっくり解説(土木・港湾)

投稿日:2021年3月19日 更新日:

港湾や漁港でよく使われる「コーピング」や「笠コン・笠コンクリート」についてざっくり解説しています。

コーピングや笠コンクリートって何?

港湾や漁港の整備工事にてよく使用される「コーピング」「笠コンクリート」とは、どの構造物のことでしょうか。

以下の図は、港湾等の施工断面の一例です。

この図にて「コーピング」と呼ばれるのは、以下の図の赤丸の箇所です。

矢板式岸壁や鋼管矢板式護岸の頭部を巻き込んで打設するコンクリートのことを言います。

このコーピングですが、正しくは「上部コンクリート」と呼ばれます。

コーピングと笠コンクリートの違いは?

結論を言うと「コーピング」「笠コンクリート」「上部コンクリート」は全て同じ意味です。

正しくは「上部コンクリート」ですが、土木従事者のプロの方々は「コーピング」や「笠コン」などと呼んでいます。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

以下のページでは土木用語などをまとめてご紹介しています。あわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

法長換算表

ブロック積の法長(斜変)換算表

ブロック積の高さと勾配から法長を求めるための換算表を掲載しています。

直接補助と間接補助

直接補助と間接補助の違い

補助金や交付金を活用した補助事業にて使われる「直接補助」と「間接補助」という言葉を簡単に解説しています。

アルカリ骨材反応をざっくりと解説(アルカリシリカ反応との違いは?)

コンクリートの品質低下につながる「アルカリ骨材反応」について、ざっくりと解説しています。「アルカリシリカ反応」との違いも解説しています。

交通誘導警備員Aと交通誘導警備員Bの違いをざっくりと解説

交通誘導警備員Aと交通誘導警備員Bの違いや使い分けなどをざっくりと解説しています。

【間知ブロック・空洞ブロック】ブロック積の2種類の違いをざっくり解説【土木・建築】

ブロック積をざっくり言うと「間知ブロック」によるブロック積と「空洞ブロック」によるブロック積の2種類あります。それぞれの用途や違いを解説しています。