土木

コーピングや笠コンクリートをざっくり解説(土木・港湾)

投稿日:2021年3月19日 更新日:

港湾や漁港でよく使われる「コーピング」や「笠コン・笠コンクリート」についてざっくり解説しています。

コーピングや笠コンクリートって何?

港湾や漁港の整備工事にてよく使用される「コーピング」「笠コンクリート」とは、どの構造物のことでしょうか。

以下の図は、港湾等の施工断面の一例です。

この図にて「コーピング」と呼ばれるのは、以下の図の赤丸の箇所です。

矢板式岸壁や鋼管矢板式護岸の頭部を巻き込んで打設するコンクリートのことを言います。

このコーピングですが、正しくは「上部コンクリート」と呼ばれます。

コーピングと笠コンクリートの違いは?

結論を言うと「コーピング」「笠コンクリート」「上部コンクリート」は全て同じ意味です。

正しくは「上部コンクリート」ですが、土木従事者のプロの方々は「コーピング」や「笠コン」などと呼んでいます。

・あわせて読みたい
>>>「 効率の良い土木の勉強方法

以下のページでは土木用語などをまとめてご紹介しています。あわせてご覧ください。

-土木

執筆者:

関連記事

コンクリートの配合・規格「18-8-25BB」や「21-12-40H」などの読み方をざっくり解説

コンクリートの配合を表す「18-8-25BB」や「21-12-40H」などの読み方をざっくり解説しています。

トータルステーションやレベルなどの測量機器

【よく使う測量機器】トータルステーションとレベルの違いをざっくり解説【知らないと恥ずかしい】

工事現場にてよく使われる測量機器の「トータルステーション(TS)」と「レベル」の違いをざくっと解説しています。初心者の方にとってはよく似ている機器ですが、全くの別物です。この違いを知らないと現場で恥をかくかもしれませんので、覚えておきましょう。

掘削と床掘

掘削と床掘の違い

掘削と床掘の違いを簡単にご紹介しています。土木の基本知識なので覚えておきましょう。

平板載荷試験には2種類あるのをご存じですか?その違いや使い分けをざっくり解説(土木)

平板載荷試験には「地盤の平板載荷試験」と「道路の平板載荷試験」の2種類あります。それぞれの試験についてざっくりと解説しています。

鉄筋の配筋図の「@」「ctc」の意味を解説

鉄筋の配筋図で図示される「@」「ctc」の意味を解説しています。