土木

直接補助と間接補助の違い

投稿日:

直接補助と間接補助

国や都道府県などより補助金の交付を受けるときに、「直接補助」と「間接補助」の2種類があります。

その2つの補助金の違いを解説します。

直接補助と間接補助の違い

直接補助とは、補助金の交付者から事業を行う者に直接的に補助金を交付することです。

間接補助とは、補助金の交付者から事業を行う者に間接的に補助金を交付することです。

図で表すと以下のとおりです。

直接補助は、国や都道府県から直接補助金を交付します。

それに対して間接補助は、国や都道府県から別の機関を経由して補助金を交付します。

-土木

執筆者:

関連記事

視線誘導標(デリネーター),車線分離標(ラバーコーン),道路鋲(キャッツアイ)などの「道路付属物」の種類と用途をざっくりと解説

街中でよく見かける視線誘導標や車線分離標などの「道路付属物」は、大きく分けると5種類あります。よく似た製品と思われるかもしれませんが、目的や用途が全く違います。この記事ではそれぞれの種類や用途などをざっくりと解説しています。

プレストレストコンクリート

プレテンションとポストテンションの違い

プレストレストコンクリートの「プレテンション方式」と「ポストテンション方式」の違いを簡単にご紹介しています。

オーバーハング 土木

オーバーハング(土木)の意味を解説

土木用語として用いられるオーバーハングの意味を、図を使いながら簡単に解説しています。

角度 勾配、

角度、勾配、パーセント、割合の変換一覧表

角度、勾配、パーセント、割合の変換一覧表を掲載しています。

【間知ブロック・空洞ブロック】ブロック積の2種類の違いをざっくり解説【土木・建築】

ブロック積をざっくり言うと「間知ブロック」によるブロック積と「空洞ブロック」によるブロック積の2種類あります。それぞれの用途や違いを解説しています。