はやこまブログ

(当サイトはプロモーションを含みます)

土木

工事図面に出てくる記号「u」と「s」を解説

投稿日:2021年4月6日 更新日:

工事図面の記号「u」について

「u」は単位を表しています。図面には以下のように記載されています。

  • u;m
  • u;mm

「u;m」とあれば「図面にある数値の単位はmである」ということを表したものです。

「u;mm」とあれば「図面にある数値の単位はmmである」という意味です。

ちなみに「u」はunit(単位)の略です。

工事図面の記号「S」について

「S」は縮尺を表しています。図面には以下のように記載されています。

  • S=1/100
  • S=1:100

「S=1/100」とあれば「図面の縮尺は百分の一である」という意味です。「S=1:100」も同じです。

ちなみに「S」はScale(縮尺)の略です。

「S」以外にも「Scale=1/100」のように記載することも多いです。

・あわせて読みたい
>>>「土木施工管理技士 おすすめの問題集・過去問と作文作成代行
>>>「土木の基礎知識~初心者が覚えておきたい用語まとめ~
>>>「効率の良い土木の勉強方法

-土木

執筆者:

関連記事

無筋構造物と小型構造物の違い(コンクリート)

コンクリートの使い分けとして無筋構造物と小型構造物があります。その使い分けをざっくりと解説しています。

ブリーディングとレイタンスの違いをざっくり解説

この記事では、コンクリート工にて使われる「ブリーディング」と「レイタンス」の違いをざっくりと解説しています。

平板載荷試験とCBR試験の違いをざっくりと解説(どちらも原位置試験だけど全然違います)

平板載荷試験とCBR試験の違いをざっくりと解説しています。

車両用防護柵の意味や種類について解説(Gr、Gp、Gc、Gb)

ガードレールやガードパイプなどの車両用防護柵について、その意味や種類、使い分けを解説しています。

アスコンの意味を解説【土木】(アスファルトとコンクリートとの違いも解説しています)

土木で使われる「アスコン」の意味や、アスファルトとコンクリートとの違いをざっくりと解説しています。